何のためにやるのか、誰のためにやるのか

ご訪問頂きありがとうございます。
「10年先のカラダのために」を考え活動する本郷駅前整体 アマの井上です。

7/10(月)に安城市にて㈱TRY’M様主催の体づくりプロジェクトとして

ボディケア講座の講師をさせて頂きました。

小学生対象のサッカースクールが主催する、保護者向けの講座です。

以前にもご案内させて頂きましたが、非常に志の高く熱い方々とのコラボは

こちらも熱が入りとても楽しめました。

講座の打合せの段階でも話をしていたんですが、保護者の方に気をつけて頂きたい

事があります。

それは 「だれのためにやるのか、何のためにやるのか」ここを絶対にぶれさせない事。

親御さん方が子供のために一生懸命なことはすごく伝わります。

だからこそ、子供の気持ちをしっかりと把握したうえで接してあげて欲しい。

親御さんの頑張りが独り歩きしてしまわないように。

その頑張りが、親御さんのステータスだけにならないように。

そっと見守りつつ、適切なタイミングで適切な情報提供、適切な対応をして欲しい。

と切に願う。

講座の様子をブログ紹介されています。

ご丁寧に当整体の紹介もして頂きました。

https://trym-saccoer-company.amebaownd.com/posts/2646136

これは、自分の身体のケアに対しても言えること。

「誰のために、何のために」

当たり前に「在る」けれど、死ぬまでつきあうこの「身体」

「誰」の為に、「何」の為にケアをするのか。

ケアしないのか。

なぜケアしないのか。

目に見える爪や髪はお手入れするのに。

爪や髪のお手入れは一生続けますよね。

身体は痛くなった時だけ?

なぜ?

もっと自分の身体に興味をもって、大事にしてあげて。

そしたら身体は応えてくれる。

いつまでも自分の身体でやりたいことをやろう!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA